キャッシュレス決済化に走った件

この記事は約3分で読めます。
道草カフェさんによる写真ACからの画像

去年あたりからキャッシュレス決済の促進がニュースを賑わせています。今年に入って便利さを実感したので、キャッシュレス決済化を進めました。

スポンサーリンク

もともとPASMOとWAONとクレジットカードは利用していた

今年3月まで東京メトロで通勤していたのでPASMOを持っていました。また、近所にイオン系スーパーのマックスバリュエクスプレスがあり、支払いにWAONを使っていました。楽天カードなどクレジットカード(クレカ)も何枚か持っていましたが、少額の支払いには使っていなかったので、現金払いの頻度が高かったと思います。

きっかけはKyash Visaカード

キャッシュレス決済を主にしようと決めた理由は、Kyash Visaカードの存在を知り、実際に使ってみたら心地よかったからです。キャッシュバックももちろん嬉しいのですが、支払いのスムーズさに惚れました。さらに、QRコード決済(PayPay)も利用するようになりました。

Kyash Visaカードの利用開始

Kyash Visaカードプリペイド式のVisaカードです。クレカのVisaカード同様に全国のVisa加盟店で使えるだけでなく、決済額の2%がキャッシュバックされます。利用金額には、1回/1日に5万円まで、 1ヶ月に12万円までという上限がありますが、私にとっては生活費プラスアルファの支払いにちょうどいい設定です。ただ、サインを求められるのがちょっと面倒に感じます(コンビニやスーパーでの支払いではほぼサインレス )。

近所にあるスーパーのマルエツでは、レジ打ちは店員が行い、支払いは客が別のセルフレジで行います。セルフレジでの手順は、まず支払い方法(現金かクレカ)を画面タッチで選びます。クレカの場合、カードを挿入し、確認のタッチをしたらレシートが出てきて完了となり、トータル30秒ほどです。あまりのアッサリさに、もう現金払いはやめようと決心しました。

PayPayの利用開始

7月に入ってマックスバリュエクスプレスが閉店したため、代わりのスーパーを探したら運よくオーケーストアを見つけました。オーケーストアは7月からPayPayとLINE Payを導入していたので、すぐにPayPayデビューを決めました。還元率をよくするためYahoo!カードも申込みました。

PayPayはQRコードを利用したスマホ決済アプリです。残高払いかYahoo!カード払いにすれば、決済額の3%が還元され、さらに20回に1回は最大1000円相当が戻ります。還元率ではKyashを上回りますが、使える店舗数はまだまだVisaには及びません。アプリの操作も最初はまごつきました。スマホが苦手な人にはハードルが高いかもしれません。

現金払いの回数が激減した

KyashとPayPayを駆使した結果、現金払いの回数は激減しました。現金払いは、税金等のコンビニ払い、100円ショップ、診察・治療費、お賽銭、美術館等の入場料ぐらいになりました。

10月1日よりKyashポイント提供開始、キャッシュバックは終了

今日、 Kyashからお知らせが 届きました。10月1日より決済額の1%の「Kyashポイント」付与を開始し、 9月30日で 従来の2%キャッシュバックを終了するというものでした。還元率に関しては、PayPayとの差が開くことになります。

10月1日よりPayPayの利用特典が最大3%→最大1.5%に引き下げ

(2019年9月15日追加)PayPayからもお知らせが届きました。10月1日よりPayPay利用特典が最大3%→最大1.5%に引き下げられます。結局、Kyashとの還元率の差は縮まることになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました