マイナポイントのポイント還元についての補足

この記事は約2分で読めます。
haru-artさんによるイラストACからの画像

2日前(9月4日)に投稿した記事について、早とちりした部分があったので補足します。

スポンサーリンク

2万円を入金すると5千円分のポイントを1人1回だけ付与する案が有力?

マイナポイントによる還元について「前払いした分について25%ポイント還元する予定だそうです」と書きましたが、東京新聞の記事に「二万円を入金すると25%に当たる五千円分のポイントを一人一回だけ付与する案が有力とされる」と書いてありました。他の新聞は「一人一回だけ」の部分がが省かれていたので早とちりしてしまいました。大盤振る舞いとなるかは全くわかりません。

とにかく、現時点ではポイント還元の具体的な内容は未確定ということです。

マイナポイントとマイナンバーカードを連携させるためのID

「このIDの取得方法についてはこれから決めるようです 」と書きましたが、既に自治体ポイントとマイナンバーカードを連携させるマイキーIDという仕組みがあり、この仕組みを有効活用するようです。マイキーIDの登録には、パソコンの場合はICカードリーダーが必要、スマホの場合はNFC対応機種のみ可能です。登録手順は総務省のマイナポイント広報サイトに丁寧な説明が載っています。

ここで自治体ポイントという聞きなれない言葉が出てきました。概略は自治体ポイントナビのサイトをご覧ください。

今回の消費活性化策については、自治体ポイントにポイント還元する案が検討されてきましたが、 先日のデジタル・ガバメント閣僚会議でマイナポイントにポイント還元する案に方針転換された模様。方針転換の理由は分かりませんが、自治体ポイントの仕組みを導入している自治体の数が少ないためと思われます。私が住んでいる江東区は未導入です、というより東京都で導入された自治体はひとつもありません。実家のある鳥取県も同様です。

まとめ

  • マイナポイントは、マイナンバーカードを活用した消費活性化策
  • マイナポイントの導入は来年度の予定
  • マイナポイントを利用する前にマイナンバーカード取得とマイキーID登録が必要
  • ポイント還元の具体的な内容は検討中

コメント

タイトルとURLをコピーしました