【王位戦】木村一基九段が初タイトル獲得!

この記事は約2分で読めます。

9月25日(水)、26日(木)に行われた将棋の第60期王位戦(7番勝負)の最終局で挑戦者の木村一基きむら かずき九段が豊島将之とよしま まさゆき王位を破り、通算4勝3敗で王位のタイトルを獲得しました。おめでとうございます。

対局日対局場手数勝者
第1局7月3日(水)
7月4日(木)
か茂免
(愛知県名古屋市)
99豊島(先手)
第2局7月30日(火)
7月31日(水)
京王プラザホテル札幌
(北海道札幌市)
118豊島(後手)
第3局8月8日(木)
8月9日(金)
大濠公園能楽堂
(福岡県福岡市)
118木村(後手)
第4局8月20日(火)
8月21日(水)
中の坊瑞苑
(兵庫県神戸市)
285木村(先手)
第5局8月27日(火)
8月28日(水)
渭水苑
(徳島県徳島市)
131豊島(先手)
第6局9月9日(月)
9月10日(火)
元湯 陣屋
(神奈川県秦野市)
119木村(先手)
第7局9月25日(水)
9月26日(木)
都市センターホテル
(東京都千代田区)
110木村(後手)

46歳3か月で初タイトルを獲得し、これまでの最年長記録37歳6か月を大幅に更新しました。

今回が7回目のタイトル挑戦(王位に4回、竜王・王座・棋聖にそれぞれ1回ずつ)で、とうとうタイトルを手繰り寄せました。実は前回の王位戦では第5局まで3勝2敗でリードしていて、タイトルまであと一息というところだったのでした。

タイトル戦相手結果
2005竜王戦渡辺明0勝4敗
2008王座戦羽生善治0勝3敗
2009王位戦深浦康市3勝4敗
2009棋聖戦羽生善治2勝3敗
2014王位戦羽生善治2勝4敗1持将棋
2016王位戦羽生善治3勝4敗
2019王位戦豊島将之4勝3敗

コメント

タイトルとURLをコピーしました