台風19号に関する総理指示はもっと早く出すべきでしょ!

この記事は約1分で読めます。
sakiさんによるイラストACからの画像

先手先手の対策を講じると言いながら、被害の実態が目に見えるまでは動き出さない印象が強い首相官邸。今回の台風19号でも相変わらずでした。

スポンサーリンク

台風第19号に関する総理指示

10月12日(土)15時30分に安倍総理から関係省庁に対して台風第19号に関する指示が出されました(首相官邸ホームページから引用)。

  1. 国民に対し、避難や大雨・河川の状況等に関する情報提供を適時的確に行うこと
  2. 地方自治体とも緊密に連携し、浸水が想定される地区の住民の避難が確実に行われるよう、避難支援等の事前対策に万全を期すこと
  3. 被害が発生した場合は、被害状況を迅速に把握するとともに、政府一体となって、人命第一で、災害応急対策に全力で取り組むこと

この指示を出したのは7都県に大雨特別警報が発表された時刻と同じでした。このタイミングをわざわざ待っていたのでしょうか。

先手の対策

特別警報は、何らかの災害がすでに発生している可能性が極めて高い状況で発表されます。

一見もっともな内容に見える総理指示ですが、2番目の指示については完全に後手に回った印象を与えるもので、前日か前々日のうちにすべき内容でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました