開店したばかりのポルトガルスイーツの店でエッグタルトを買いました

この記事は約2分で読めます。
エッグタルト
エッグタルト(パステル・デ・ナタ)

チョコ、シュークリーム、アイス、ケーキなど甘いもの好きです。普段はスーパーで買える範囲で選んでいますが、たまに専門店を探すこともあります。

スポンサーリンク

エッグタルトについて

エッグタルトはもともとポルトガルの伝統的なお菓子ですが、マカオでも定番のスイーツになっていて、あちこちで売っています。私がエッグタルトを初めて食べたのも2006年にマカオに行ったときです。ポルトガルにはまだ行ったことがないので、ポルトガルとマカオのエッグタルトがどれくらい違うのかは分かりません。

マカオで一番有名な店は多分Lord Stow’s Bakeryで海外旅行のガイドブックには大抵載っています。日本にも「アンドリューのエッグタルト」という名前で大阪・神戸を中心に進出しています。東京にも一時出店していましたが、あえなく閉店してしまいました。

エッグタルトは、生地の部分の食感はサクサク、カスタードの部分はシュークリームなどのカスタードクリームとは違いフワフワとした食感。焼きたての暖かいのを食べるのが香ばしさも加わって一番だと思いますが、冷めてから食べても美味しいスイーツです。

ポルトガルスイーツの店 BOA NATA

エッグタルトはほかのスイーツに比べると手に入りにくいこともあって、都内で入手できる店をネットで時々チェックしています。

昨日、兜町にある山陰合同銀行東京支店に行った時、待ち時間中にGoogleマップで”エッグタルト”と入力・検索してみたら、徒歩10分ほどの所にBOA NATAという店が表示されました。読み方はボアナタか、リスボン(LISBOA)と同じようにポルトガル語風に読むならボンナタかも。

地下鉄駅からは少し離れています。最寄りの出口は日比谷線の八丁堀駅がB4、茅場町駅が1番。出口の詳しい位置はGoogleマップを拡大すると表示されます。

ちょうど一か月前の10月1日に開店したばかりだそうです。店の中にはイートインスペースもあります。店名の読み方は聞くのを忘れました。

今回購入したエッグタルトことパステル・デ・ナタは1個260円(税抜)でした。見た目も食感もマカオのエッグタルトに近いものになっています。

次回は半熟カステラことパン・デ・ローを1ホール(1,000円)を注文しようかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました