2018年の世界の温室効果ガス濃度が観測史上最高を更新しました

この記事は約1分で読めます。

11月25日に世界気象機関(WMO)が発表した温室効果ガス年報No.15によると、地球温暖化の主要因である温室効果ガスの世界平均濃度が2018年は観測史上最高になりました。

WMOの報道発表では「大気中の温室効果ガス濃度の上昇に減速の兆候は見られない」、「このまま上昇傾向が続くと将来の世代はより深刻な気候変動の影響に直面することになる」と述べています。

気象庁ホームページにWMO温室効果ガス年報の和訳が掲載されています。

各温室効果ガスの濃度値は次のとおりです。

主な温室効果ガスの地上の世界平均濃度(2018年)と最近10年間の平均年増加量
二酸化炭素(CO2メタン(CH4一酸化二窒素(N2O)
世界平均濃度(2018年)407.8 ppm1869 ppb331.1 ppb
最近10年間の平均年増加量2.26 ppm/年7.1 ppb/年0.95 ppb/年

コメント

タイトルとURLをコピーしました