健診で高血圧と診断されました

この記事は約3分で読めます。
acworksさんによる写真ACからの写真
スポンサーリンク

健康診査

今年4月に国民健康保険に加入したので、2019年度健康診査の案内と受診券が6月頃に送られてきました。実施期間は6月21日から来年2月20日までで、料金は無料です。

昨年までは人間ドックを受診していましたが、今年は人間ドックはパスして健康診査(健診)を受けることにしました。主な理由は、国民健康保険の人間ドック助成額が少ないので、自己負担がかなり増えることに躊躇したからです。

先週火曜日(12月3日)に近所の診療所で健診を受けて、診断結果が出るのは2週間後の17日以降ということでした。

診断結果

今日、胃内視鏡検査(健康診査の範囲外で自己負担)を受診しに行ったら健診結果が出ていると言われたので説明を聞いてきました。

血圧が高いので、ウォーキングなどの軽い運動をすることや塩分を控えるよう指導されました。また、極端に高くはないので治療は行わず、血圧をチェックしてさらに高くなるようだったら受診するよう言われました。

幸い、血圧以外には特に悪いところはありませんでした。

血圧が高い

今回の健診では最高血圧が146、最低血圧が100で、これまでで一番高くなりました。高血圧の診断基準はそれぞれ140と90ですから両方アウトです。

血圧の推移
血圧の推移(2009-2019年)

上のグラフは人間ドック/健診時に測った血圧の最近10年間の推移です。

最高血圧は2015年から少し高くなっていました。グラフで可視化すると一目瞭然ですが、1年おきに報告書で数字だけを見ていたので実感していませんでした。

最低血圧は2017年から90超えの高血圧の範疇に入っていました。次は下がるかもしれないという希望的解釈をして、こちらもあまり気に留めていませんでした。

血液検査は基準範囲内

血液検査の結果はいずれも基準範囲内でした。

去年まで基準範囲より高めで気になっていたγ-GTPも基準範囲内になっていました。ところが、数値を見ると去年が70で今回は73です。人間ドックの報告書では50以下を基準範囲としていたのに対して、今回の健診では80以下が基準範囲となっていました。どっちが正しいのでしょう?

ネットで調べてみると50以下を基準範囲としている場合が多いようですが、100未満なら過度に心配する必要はないとも書いてありました。γ-GTPが100を超えたら再検査が必要とされているようです。

今回検査しなかった項目

今回の健診には眼科、聴力、肺活量、腹部超音波の検査はありませんでした。腹部は人間ドックで要経過観察とされていたので、来年は人間ドックを受けてカバーしようかと思っています。

家でのチェック用に血圧計を購入

健診を受けた時点で血圧が高いことが分かったので、先週中に血圧計を購入しました。

手首に巻くタイプはデータがばらつきやすく、腕を通すタイプは比較的高価なので、上腕に巻き付けるタイプにしました。それでも思ったより機種が多くて迷いましたが、データをスマホに転送して管理できることと、2人(以上)分のデータを記憶できることを条件に、決して安くはありませんが手ごろな価格のOMRON製血圧計HEM-7511Tに決めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました