【竜王戦】豊島将之名人が竜王のタイトル獲得!

この記事は約2分で読めます。

先週の12月6日(金)から7日(土)にかけて行われた将棋の第32期竜王戦(七番勝負)第5局で挑戦者の豊島将之とよしま まさゆき名人が広瀬章人ひろせ あきひと竜王を破り、通算4勝1敗で竜王のタイトルを獲得しました。おめでとうございます。

対局日対局場手数勝者
第1局10月11日(金)
10月12日(土)
セルリアンタワー能楽堂
(東京都渋谷区)
173豊島(先手)
第2局10月23日(水)
10月24日(木)
総本山 仁和寺
(京都府京都市)
126豊島(後手)
第3局11月9日(土)
11月10日(日)
神戸ポートピアホテル
(兵庫県神戸市)
157豊島(先手)
第4局11月21日(木)
11月22日(金)
常磐ホテル
(山梨県甲府市)
135広瀬(先手)
第5局12月6日(金)
12月7日(土)
藩校 養老館
(島根県津和野町)
143豊島(先手)

タイトルを失った広瀬八段ですが、名人戦のA級順位戦で4勝1敗と好調をキープしています。次の対局相手は5連勝中の渡辺明わたなべ あきら三冠(棋王、王将、棋聖)で、この対局に勝利すれば順位戦で首位に並びます。さらに、来月から始まる大阪王将杯王将戦(七番勝負)では渡辺明三冠に挑戦することが決まっています。タイトル獲得を目指して前進あるのみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました