WordPressのテーマ選び

この記事は約3分で読めます。
ブログ作成

このブログは2019年9月に始めました。この記事は当時のことを振り返って書いています。

当時は知らなかった用語や聞いたことはあってもボンヤリとしてか理解していなかった用語の説明を挿入しています。私の技術レベルがどの程度か分かるのではと思います。

スポンサーリンク

WordPressのテーマとは

最初にWordPressの「テーマ」という用語を見た時、それが何なのかイメージできませんでした。(WordPressという)ツールのテーマっていったい何?という感じです。言い換えで真っ先に頭に浮かんだのは「主題」ですが、ツールの主題ではピンときませんでした。

WordPressの「テーマ」は、ホームページ全体に適応されるデザイン、レイアウト、機能などをひっくるめたテンプレートのことです。「スタイル」に言い換えるとしっくり来るかもしれません。デザインのスタイル、レイアウトのスタイル、機能のスタイルと聞けば何となく理解できます。

テーマ選びのポイント

WordPressのテーマの数は膨大です。ブログ作成に適したもの、店舗などのホームページ作成に適したものなど、テーマによって得手不得手があります。ブログ作成に適したテーマの中でも、デザインにこだわったもの、機能にこだわったものなど、いろんな種類のテーマが存在します。自分のホームページの目的に合ったものを探しましょう。

そのほかの最低限のチェックポイントを挙げておきます。

料金

テーマには無料のものと有料のものがありますが、個人的にはシンプルなものを求めていたので、無料のテーマで十分だと思っています。でも、自分のホームページとの相性がいいテーマが見つかったら、有料のテーマを使うのもいいと思います。

日本語対応

テーマの作者は日本人以外の場合が圧倒的に多く、その多くが英語のテーマです。当り前ですが、作者が日本人で日本語対応のテーマの方が楽です。

レスポンシブ対応

最近は、パソコンだけでなくスマホやタブレットからインターネットにアクセスする人も多いので、画面の大きさに応じてホームページが見やすく表示されることが重要になります。

とはいえ、それぞれのデバイスに対応したホームページを別々に作成するのは大変です。レスポンシブ対応のテーマを利用すれば、作成するホームページ(HTML)はひとつで済み、デバイスに適した表示スタイルに自動的に調整してくれます。

レスポンシブとは

レスポンシブは、レスポンシブWebデザインの略で、画面サイズに応じた見やすい最適な表示にすることができるデザイン手法のことです。

最終的に選んだテーマはCocoon

最初にインストールしたテーマは無料の「Simple Days」でした。ブログ向けのシンプルなテーマのひとつです。

Simpleにつられて選んでしまいましたが、ヘッダーのレイアウトが思いどおりに表示できなかったので、すぐに別の無料テーマ「Cocoon」に変更しました。

Cocoonは、作者が運営しているホームページからダウンロードできます。もちろんインストール方法も載っています。

レイアウトやデザインの見本もこのホームページで簡単に確認できるので、テーマ選びの際の参考情報としても重宝します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました