【順位戦】羽生善治九段のA級順位戦の成績が気になります

この記事は約2分で読めます。

将棋の羽生善治九段を応援しています。

第78期A級順位戦7回戦で、1月24日(金)に羽生善治はぶ よしはる九段と久保利明くぼ としあき九段の対局が行われ、羽生九段が勝ちました。良かった~。

スポンサーリンク

今期のA級順位戦の成績

A級順位戦は、10人のトップ棋士が名人戦への挑戦権を賭けて戦うリーグ戦です。一方、成績下位の2名は下のリーグ(B級1組)へ陥落となります。

これまでの各棋士の成績は表のようになっていて、残りは2局です。

名前年齢成績
渡辺 明三冠357勝0敗
広瀬 章人八段334勝3敗
佐藤 康光九段50 〃
三浦 弘行九段45 〃
佐藤 天彦九段323勝4敗
羽生 善治九段49 〃
糸谷 哲郎八段31 〃
稲葉 陽八段31 〃
木村 一基王位46 〃
久保 利明九段441勝6敗

渡辺明わたなべ あきら三冠が全勝で突っ走り、名人戦への初挑戦が確定しました。それ以外は混戦模様になっています。

もし羽生九段が第7戦を負けていたら久保九段と2勝6敗で並び、A級に残るには相当厳しい状況になるところでした。この対局を勝てて本当に良かったです。

羽生九段は残り2局とも勝てば、他の棋士の成績に関係なくA級残留が決まります。1勝1敗や2敗の場合、他の棋士の成績次第で残留・陥落の両方の可能性があります。

A級順位戦の残り2局は1月29日と2月27日に一斉に行われます。羽生九段の対局相手は木村一基きむら かずき王位と佐藤康光さとう やすみつ九段です。木村王位に勝てば順位の関係でA級残留が決まりますが、今年度の対局では2戦2敗なので少し心配です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました