【順位戦】羽生善治九段のA級残留が確定しました

この記事は約2分で読めます。

将棋の第78期A級順位戦の8回戦が1月29日(水)に一斉に行われ、どの対局も先手番の棋士が勝ちました。

  • 81手で先手の広瀬章人ひろせ あきひと八段が後手の佐藤天彦さとう あまひこ九段に勝ち
  • 105手で先手の羽生善治はぶ よしはる九段が後手の木村一基きむら かずき王位に勝ち
  • 117手で先手の渡辺明わたなべ あきら三冠が後手の糸谷哲郎いとだに てつろう八段に勝ち
  • 127手で先手の稲葉陽いなば よう八段が後手の佐藤康光さとう やすみつ九段に勝ち
  • 155手で先手の久保利明くぼ としあき九段が後手の三浦弘行みうら ひろゆき九段に勝ち

この結果、各棋士の成績は次の表のようになりました。

名前年齢成績
渡辺 明三冠358勝0敗
広瀬 章人八段335勝3敗
羽生 善治九段494勝4敗
佐藤 康光九段50 〃
三浦 弘行九段45 〃
稲葉 陽八段31 〃
佐藤 天彦九段323勝5敗
糸谷 哲郎八段31 〃
木村 一基王位46 〃
久保 利明九段442勝6敗

これで広瀬八段、羽生九段、佐藤康光九段、三浦九段、稲葉八段の残留が確定しました。何はともあれ、羽生九段の残留が決まってホッとしました。

一方、久保九段はB級1組への降級が確定しました。もう一人の降級は3勝5敗の3人の争いになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました