米子鬼太郎空港:香港便も2月25日から欠航に

この記事は約1分で読めます。

新型コロナウィルス感染拡大の影響で中国発着便の運航停止や減便が相次いでいます。香港やマカオの発着便も同様です。

スポンサーリンク

米子・香港便も2月25日から欠航に

香港航空の米子・香港便が2月25日(火)から3月28日(土)まで欠航となります。

米子以外では、岡山(2月11日から3月28日まで)と鹿児島(3月2日から3月28日まで)の香港便も欠航になり、那覇、関西、新千歳、成田(いずれも3月28日まで)の香港便は減便されます。欠航や減便の期間はいずれも現時点で確定しているもので、延長される可能性もあります。

米子空港の国際線3路線が全て運航休止

去年10月のソウル便、今月の上海便に続いて香港便も欠航になることが決まり、米子空港の国際便は全て飛ばなくなってしまうことになります。寂しくなりますが、コロナウイルス感染が沈静化するまでは仕方ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました