【棋王戦】渡辺明三冠がタイトル防衛!

この記事は約2分で読めます。

3月17日(火)に将棋の第45期棋王戦(五番勝負)第4局が行われ、渡辺明わたなべ あきら三冠(棋王、王将、棋聖)がタイトル初挑戦の本田奎ほんだ けい五段を破り、通算3勝1敗で棋王のタイトルを防衛しました。おめでとうございます。

対局日対局場手数勝者
第1局2月1日(土)北國新聞会館
(石川県金沢市)
95渡辺(先手)
第2局2月16日(日)宇都宮グランドホテル
(栃木県宇都宮市)
97本田(先手)
第3局3月1日(日)新潟グランドホテル
(新潟県新潟市)
81渡辺(先手)
第4局3月17日(火)東郷神社
(東京都渋谷区)
96渡辺(後手)

好調を維持している渡辺三冠は、広瀬章人ひろせ あきひと八段との第69期王将戦(七番勝負)が進行中です。これまで3勝3敗のタイで、3月25日(水)から26日(木)にかけて最終局が行われます。三冠をキープできるか注目の一戦です。

さらに、4月に入ると豊島将之とよしま まさゆき二冠(竜王、名人)との第78期名人戦(七番勝負)が始まります。渡辺三冠の名人戦登場は初めてですので、こちらも注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました