新型コロナウイルス対策の特別定額給付金について

この記事は約4分で読めます。
FineGraphicsさんによる写真ACからの画像

4月20日(月)に「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定されて、家計への支援策として一律10万円の特別定額給付金が配布されることになりましたので、その概要についてまとめました。私と実家はどちらも郵送申請の予定です。

スポンサーリンク

特別定額給付金の概要

特別定額給付金の概要をまとめました。参考にした総務省の特別定額給付金のホームページはこちらです。

給付対象者と給付額

給付対象者は、令和2年4月27日の時点で住民基本台帳に記録されている人です。給付額は、給付対象者1人につき10万円です。

住民基本台帳

住民基本台帳は、市区町村ごとに住民全体の住民票をまとめたものです。

給付金の受給者

給付金の受給者は、給付対象者が属する世帯の世帯主です。給付金を受け取るには申請が必要です。

配偶者からの暴力を理由に避難をされている方で住民票を移すことができていない場合でも、現在住んでいる市区町村に申し出れば、給付金を申請して受け取ることができます。

給付金の給付方法

給付金の給付は市区町村が担当し、給付の開始日は各市区町村ごとに決定されます。原則として、給付金は受給者の本人名義の銀行口座に振り込まれます。

給付金の申請方法

給付金の申請は、受給者(世帯主)が世帯全員分の申請を行います(代理人による申請も可能)。申請方法は、感染拡大防止のため、郵送申請方式とオンライン申請方式(マイナンバーカード等が必要)が基本となります。マイナンバーカードの交付率は人口の15.5%(2020年3月1日現在)にとどまっているので、郵送申請の方が圧倒的に多くなると思われます。

申請の受付開始日は、各市区町村ごとに決定されます。郵送申請とオンライン申請の開始日は異なります。通常はオンライン申請の方が受付開始日が早く、給付開始日も早くなります。

申請の受付期限は、郵送申請・オンライン申請のどちらも、郵送申請の受付開始日から3か月以内です。

郵送申請方式

郵送申請方式では、市区町村から受給者(世帯主)宛てに郵送された申請書に振込先口座等を記入・押印して、添付書類(本人確認書類の写し、振込先口座の確認書類の写し)とともに同封の返信用封筒に入れてポストに投函します。

オンライン申請方式

オンライン申請には(マイナンバー通知カードではなく)マイナンバーカードが必要です。申請はマイナポータルというオンラインサービスの申請画面から行います。マイナポータルのログインや本人認証の際にマイナンバーカードの暗証番号を入力する必要があります。さらに、マイナンバーカードの読み取りには次のどちらかの機器が必要です。

  • ICカードリーダライタとパソコン等
  • マイナポータルAPというアプリに対応したスマホ

私と実家の申請方法(予定)

前述のように、特別定額給付金の受給者の大半は郵送で申請すると思われます。私と実家も郵送申請する予定です。

私の場合

私が住んでいる東京都江東区の場合、給付に向けて準備中で、申請受付・給付の開始日はいずれも未定です(5月3日現在)。給付開始は早くても6月になりそうです。

Jiji
Jiji

オンライン申請の受付が5月7日(木)から始まりました。郵送による申請書は5月27日(水)に発送される予定です。(2020年5月18日追記)

世帯主は私です。マイナンバーカードは持っているものの、スマホがアプリに対応しておらず、ICカードリーダーも持っていないので、郵送で申請するつもりです。

Jiji
Jiji

5月30日(土)に申請書を投函して、給付金の入金は7月10日(金)でした。(2020年10月1日追記)

実家の場合

父が住んでいる鳥取県米子市の場合、郵送申請用の申請書は5月19日(火)に発送される予定で、申請期間は8月19日(水)までです。オンライン申請は5月1日(金)に始まっています。

父が世帯主ですが、マイナンバーカードを持っていないので、郵送で申請することになります。ただ、ケアハウスに入居中で、通帳を実家に保管したままなので、おそらく手続きを進めることはできないと思います。当分の間、移動自粛のせいで私が実家に戻ることができないので、給付金の申請はかなり遅くなりそうです。

Jiji
Jiji

6月24日(水)に申請書を投函して、給付金の入金は7月6日(月)でした。(2020年10月1日追記)

コメント

タイトルとURLをコピーしました