2020年度の税金の支払い総額は約12万円

この記事は約2分で読めます。

自分が支払っている税金の確認です。コロナさえ無ければ、減った分は旅行に使えるんだけどなぁ。

スポンサーリンク

2020年度の税金の総額

2020年度の税金の支払い総額は約12万円です。内訳は、所得税が0円、住民税が5千円、固定資産税・都市計画税が12万円弱です。

所得税

昨年度同様、無職のままで収入が無いので、所得税は発生しません。

住民税(区民税・都民税)

東京都江東区に住んでいるので、区民税と都民税を支払う必要があります。

2020年度の住民税額は5千円で、昨年度の約63万円から大幅に減りました。

所得割

去年は3月まで給与収入がありましたが、3か月分の収入合計額より税額控除(基礎控除、保険料控除)合計額の方が大きかったので、所得割の税額は0円になりました。

所得割とは

所得割とは、住民税のうち、各住民の所得に応じて課される税金です。税額は、前年の1月から12月に得た所得を基に算出されます。

均等割

均等割の税額は5,000円です。内訳は、区民税が3,500円、都民税が1,500円です。

均等割とは

均等割とは、住民税のうち、全住民に一律・均等に課される税金です。

固定資産税・都市計画税

マンションに住んでいるので、固定資産税と都市計画税を払う必要があります。

2020年度は、固定資産税が96,900円、都市計画税が20,600円で、昨年度と全く同じ金額です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました