【叡王戦】豊島将之竜王が叡王を奪取して二冠に復帰!

この記事は約2分で読めます。

9月21日(月)に将棋の第5期叡王戦(七番勝負)第9局が行われて、挑戦者の豊島将之とよしま まさゆき竜王が永瀬拓矢ながせ たくや叡王を破って、通算4勝3敗2持将棋でタイトルを奪取しました。おめでとうございます。豊島竜王は8月に名人のタイトルを失ったばかりでしたが、早々と二冠に復帰しました。

対局日対局場手数勝者
第1局6月21日(日)伊豆今井浜温泉 今井荘
(静岡県河津町)
115豊島(先手)
第2局7月5日(日)城崎温泉 西村屋本館
(兵庫県豊岡市)
222持将棋
第3局7月19日(日)亀岳林 万松寺
(愛知県名古屋市)
207持将棋
第4局7月19日(日)亀岳林 万松寺
(愛知県名古屋市)
232永瀬(後手)
第5局7月23日(木)東京・将棋会館
(東京都渋谷区)
113永瀬(先手)
第6局8月1日(土)関西将棋会館
(大阪府大阪市)
139豊島(先手)
第7局8月10日(月)東京・将棋会館
(東京都渋谷区)
91永瀬(先手)
第8局9月6日(日)鶴巻温泉 元湯陣屋
(神奈川県秦野市)
75豊島(先手)
第9局9月21日(月)東京・将棋会館
(東京都渋谷区)
111豊島(先手)

豊島竜王は、来月9日(金)から挑戦者の羽生善治はぶ よしはる九段との第33期竜王戦が始まります。羽生九段がタイトルを獲得すれば通算100期の大台に乗るので、注目度が自然と上がっています。豊島竜王は、2018年から棋聖、王位、名人、竜王、そして今回の叡王と次々にタイトル獲得に成功しているものの、まだ1度も防衛に成功していません。竜王のタイトルの行方が気になります。

一方、永瀬王座は挑戦者の久保利明くぼ としあき九段と第68期王座戦を戦っている最中です。第2局まで進んで、1勝1敗となっています。永瀬王座としては何としてもタイトルを防衛したいところでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました