【倉敷藤花戦】里見香奈女流四冠がタイトル防衛!

この記事は約2分で読めます。

11月21日(土)に将棋の「第28期大山名人杯倉敷藤花戦」(三番勝負)第2局が行われ、里見香奈さとみ かな女流四冠(清麗、女流名人、女流王位、倉敷藤花)が挑戦者の中井広恵なかい ひろえ女流六段に勝って、2連勝でタイトルを防衛しました。これで連続6期、通算11期目の倉敷藤花の獲得となり、女流四冠も維持しました。おめでとうございます。

対局日対局場手数勝者
第1局11月5日(日)関西将棋会館
(大阪府大阪市)
115里見(先手)
第2局11月21日(土)倉敷市芸文館
(岡山県倉敷市)
92里見(後手)

中井六段のタイトル戦登場は、2007年の第33期女流名人戦以来13年ぶり。里見女流四冠のタイトル初挑戦は2008年(第16期倉敷藤花戦)なので、タイトル戦で両者が戦うのは今回が初めてでした。

里見女流四冠はリコー杯女流王座戦(五番勝負)で西山朋佳にしやま ともか女流三冠(女王、女流王座、女流王将)に挑戦している最中です。対局は第2局まで進んでいて、結果は1勝1敗。残りの対局は全て12月中に行われる予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました