【棋王戦】渡辺明三冠が9連覇!

この記事は約2分で読めます。

3月17日(水)に将棋の第46期棋王戦(五番勝負)第4局が行われ、渡辺明わたなべ あきら三冠(名人、棋王、王将)が挑戦者の糸谷哲郎いとだに てつろう八段を破り、通算3勝1敗で棋王のタイトルを防衛しました。おめでとうございます。

対局日対局場手数勝者
第1局2月6日(土)東京・将棋会館
(東京都渋谷区)
95糸谷(後手)
第2局2月20日(土)北國新聞会館
(石川県金沢市)
90渡辺(後手)
第3局3月7日(日)新潟グランドホテル
(新潟県新潟市)
133渡辺(先手)
第4局3月17日(水)東郷神社
(東京都渋谷区)
98渡辺(後手)

渡辺三冠(名人、棋王、王将)は王将に続いて棋王の防衛にも成功して好調をキープしています。特に棋王戦は9連覇!これまで渡辺三冠は9連覇した竜王のイメージが強かったんですが、棋王の連覇も並びました。他棋戦では、来月から第79期名人戦(七番勝負)が始まり、挑戦者の斎藤慎太郎さいとう しんたろう八段と戦います。これまでの対戦成績は渡辺三冠の3勝2敗ですが、2連敗のあと最近の対局では3連勝しています。

糸谷八段は、敗者復活戦から挑戦権を獲得した勢いで初戦を制したものの、第2局以降は勢いを止められてしまいました。これで渡辺三冠との対戦成績は通算6勝18敗となり、ちょっと苦手にしているのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました