ついに来たか~、飛蚊症

この記事は約2分で読めます。
あーやんさんによるイラストACからの画像

先月半ばに、突然、左目の視界の中でゴミのような影が行ったり来たりするようになりました。ついに飛蚊症ひぶんしょうが来たか~と覚悟して、徒歩圏内にある眼科に行って診てもらいました。

スポンサーリンク

飛蚊症とは

飛蚊症は、眼球の硝子体しょうしたいの内部ににごりが生じて、それが糸状や点状の黒っぽい影のようなものとして見える症状です。影の形・大きさ・濃淡・数は人それぞれですが、目を動かすと同じ方向に動くのが特徴です。

飛蚊症の原因

飛蚊症の原因、つまり硝子体ににごりが生じる原因には、主に3つあります。

  • 生理的(加齢)
  • 病気
  • 生まれつき

生理的(加齢)

加齢によって硝子体の成分が徐々に変化して、硝子体の中に液体がたまった小さな隙間ができることがあり(離水りすい)、これに伴って硝子体ににごりが生じることがあります。

硝子体は網膜もうまくに接していますが、歳を取るとともに硝子体が収縮して後方部分が網膜から離れてしまい(後部硝子体剥離はくり)、硝子体ににごりが生じることがあります。

なお、後部硝子体剥離の際に網膜が引っ張られて裂け目ができることがあります(網膜裂孔れっこう)。さらに、その裂け目から硝子体が入り込んで網膜が剥がれて視力が低下する病気(網膜剥離)に進行する場合もあります。網膜裂孔や網膜剥離は外観だけでは分からないので、眼底検査が必要です。

病気

網膜剥離のほかにも目の病気(ぶどう膜炎、硝子体出血など)が原因で飛蚊症が現れることがあります。

生まれつき

胎児のうちは硝子体の中に血管がありますが、出産までに消えるのが普通です。まれに、出産後も血管が残っていて、にごりの原因になることがあります。

自覚症状

飛蚊症の症状は、突然現れる場合と徐々に進行する場合があります。

飛蚊症が突然現れるのは、後部硝子体剥離が原因の場合が多いようです。

離水による飛蚊症は徐々に進行するので、にごりによる影は薄く不明瞭なものが多いようです。

目に異常を感じたら眼科で検診を

飛蚊症に限らず、急に視力や視界がいつもと違う状況になったり、目の痛み・かゆみを感じたりしたら、早めに眼科に行って診てもらいましょう。その結果、経過観察で構わないと診断されればひとまず安心ですし、たとえ病気が原因と診断されても放置したまま悪化するよりは何倍もマシです。

今回の検査では、幸い網膜に異常は見られず経過観察となりました。

Jiji
Jiji

ちょっと困ったのは、眼底検査で瞳孔を開かせる目薬(散瞳剤)を使ったので、しばらく瞳孔が開きっぱなしになったこと。曇り空でもまぶしくて、目を細めて俯き加減でトボトボ歩いて帰りったのだ。サングラスを持っていけばよかった・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました