【女流王将戦】里見香奈女流四冠がタイトルを奪取して女流五冠!

この記事は約2分で読めます。

11月4日(木)に将棋の「第43期霧島酒造杯女流王将戦」(三番勝負)第3局が行われ、挑戦者の里見香奈さとみ かな女流四冠(清麗、女流名人、女流王位、倉敷藤花)が西山朋佳にしやま ともか女流四冠(白玲、女王、女流王座、女流王将)に勝って、通算2勝1敗で女流王将のタイトルを獲得して女流五冠になりました。おめでとうございます。

対局日対局場手数勝者
第1局10月9日(土)霧島創業記念館 吉助
(宮崎県都城市)
100里見(後手)
第2局10月19日(火)東京・将棋会館
(東京都渋谷区)
110西山(後手)
第3局11月4日(木)東京・将棋会館
(東京都渋谷区)
104里見(後手)

西山さんは先月16日に白玲のタイトルを獲得して女流四冠になったばかりでしたが、女流三冠 (白玲、女王、女流王座) に戻りました。

里見女流五冠は、女流王将戦が終わったものの、まだ3つのタイトル戦を戦っている最中です。

清麗戦(五番勝負)では、加藤桃子かとう ももこ女流三段の挑戦を受けている最中です。現在、第4局まで進行して2勝2敗のタイ。注目の最終局は11月17日(水)に行われます。

倉敷藤花戦(三番勝負)の挑戦者も同じ加藤女流三段です。第1局は里見女流五冠が先勝しています。

女流王座戦(五番勝負)では、タイトル保持者の西山女流三冠に先勝しましたが、最終局までもつれそうな予感がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました