【倉敷藤花戦】里見香奈女流四冠がタイトル防衛!

この記事は約2分で読めます。

11月21日(日)に将棋の「第29期大山名人杯倉敷藤花戦」(三番勝負)第3局が行われ、里見香奈さとみ かな女流四冠(女流名人、女流王位、女流王将、倉敷藤花)が挑戦者の加藤桃子かとう ももこ清麗に勝って、通算2勝1敗で倉敷藤花のタイトルを防衛しました。これで、倉敷藤花のタイトルは連続7期、通算12期目の獲得となりました。おめでとうございます。

対局日対局場手数勝者
第1局11月1日(月)関西将棋会館
(大阪府大阪市)
98里見(後手)
第2局11月20日(土)倉敷市芸文館
(岡山県倉敷市)
110加藤(後手)
第3局11月21日(日) 倉敷市芸文館
(岡山県倉敷市)
110里見(後手)

先日の清麗戦ではタイトルを獲られた里見女流四冠でしたが、こちらは何とか踏ん張って女流四冠を維持しました。

タイトル戦を掛け持ちしていた里見女流四冠ですが、残るは西山朋佳にしやま ともか女流三冠(白玲、女王、女流王座)に挑戦中のリコー杯女流王座戦(五番勝負)だけになりました。現在、第2局まで進んで2勝0敗。残りの対局は全て12月中に行われる予定です。女流五冠に返り咲くまで、あと1勝です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました