【女流王座戦】里見香奈女流四冠がタイトルを奪取して再び女流五冠に!

この記事は約1分で読めます。

12月7日(火)に将棋の「第11期リコー杯女流王座戦」(五番勝負)第3局が行われ、挑戦者の里見香奈さとみ かな女流四冠(女流名人、女流王位、女流王将、倉敷藤花)が西山朋佳にしやま ともか女流三冠(白玲、女王、女流王座)を破って、3連勝で女流王座のタイトルを奪取し、再び女流五冠になりました。

また、女流王座の獲得が通算5期になり、クイーン王座の資格を得ました。おめでとうございます。

対局日対局場手数勝者
第1局10月28日(木)ホテル椿山荘東京
(東京都文京区)
121里見(先手)
第2局11月15日(月)ヨコハマ グランドインター
コンチネンタル ホテル
(東京都港区)
90里見(後手)
第3局12月7日(火)元湯 陣屋
(神奈川県秦野市)
95里見(先手)

里見女流五冠は、年明けの1月16日(日)から女流名人戦(五番勝負)が始まります。挑戦者は伊藤沙恵いとう さえ女流三段です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました