Windows10はサポート期限まで使い倒そう

この記事は約4分で読めます。
HP製 SPECTRE 13

いま使っているノートPCは2016年12月に買ったもの。既に5年経過しましたが、Windows 10のサポート期限(2025年10月)まで使い倒そうと考えています。

スポンサーリンク

現状

いま使っているノートPC(HP製 SPECTRE 13-v006tu)の購入時期は2016年12月です。5年経ってもバッテリーがそれなりに消耗した以外は快適に使えています。

ただ、仕事で使うことがなくなったので、ノートPCがなくてもiPadで間に合うのでは?と思わないでもありません。

主なスペックは次のとおりです。

  • OS:Windows 10 Home(64bit)
  • ディスプレイ:13.3インチ 解像度1920×1080
  • プロセッサ:Core i5-6200U
  • メモリ:8MB
  • 内蔵ストレージ:256GB SSD
  • Microsoft Officeインストール済み

検討課題

PCの場合、一般的には5年経てば買い替えを考えてもおかしくありません。買い替えの理由になりそうな課題は4つありました。

  • バッテリー
  • OSアップグレード
  • Officeソフト
  • ストレージ

バッテリー

ノートPCの使用頻度がそれほど多くなかったこともあってか、トラブルシューティングツール(HPサポートアシスタント)で確認したところ、現在のフル充電容量は28WHrで設計容量38WHrの72%程度でした。

購入時に比べればバッテリーの残り表示の減りが速くなったと実感していますが、まだ十分使えます。

OSアップグレード

2021年10月5日から新OSのWindows 11の提供が始まりました。アップグレードした方がいいかもと思いつつも、Windows 10のサポート期限は2025年10月14日なので3年以上も残っています。

一方、メーカーから「Windows 11を実行するための最小システム条件を満たしていません」という通知が届きました。Windowsの「設定」の中の「更新とセキュリティ」でも確認しました。

マイクロソフト公式HPのWindows 11にアップデートできるプロセッサのリストにもCore i5-6200Uは含まれていませんでした。

そうなると、Windows 11を使うにはPCを買い替えざるを得ないので、アップグレードによるメリットと買い替えの出費を天秤にかけた結果、Windows 10のサポート期限まで今のノートPCを使い倒そうと考えています。

Officeソフト

いま使っているノートPCは、購入時にMicrosoft Office 2016がインストール済みでした。正式にはMicrosoft Office Home and Business Premiumと言い、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteがセットになったもので、インストールがPC1台限定の永続ライセンスです。

仕事をしなくなった今もExcelとWordは使い続けたいと思っていて、PCを買い替えたら別途購入が必要になるので、この点からもPCの買い替えはしにくい状況です。

ストレージ

内蔵ストレージはSSDなので、データ転送速度は速く問題ありません。

しかし、容量が256GBと少なく、デジカメ画像を保存していると、すぐに空き容量が窮屈になってきます。せめて倍の512GBあればと思うこともあります。

これまでは、365サービス(有料)でクラウドストレージOne Driveの容量を1TBにして、SSDの空き容量が少なくなったらOne Driveに逃がしていました。

ただ、クラウドストレージは、ファイルをちょこちょこバックアップするのは問題ありませんが、10GBぐらいの大量のファイルを一度に移動するにはデータ転送速度が遅く、ストレスを感じていました。

内蔵ストレージの容量が大きいPCに買い替えれば解決しますが、それだけの理由で買い替えるのはもったいないので、先日、外付けの1TB SSDを購入しました。

結論

バッテリーもそれなりに大丈夫、OSアップグレードも約3年半の猶予があり、ストレージ不足問題も解決したので、いまのノートPCを使い続けることにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました