ゆうちょ銀行口座の解約に待った!

この記事は約4分で読めます。
akizouさんによる写真ACからの画像

亡くなった父の相続手続きで、ゆうちょ口座の払戻金を受取るため、去年1月にゆうちょ銀行口座を作りました。払い戻し手続きが終わったら口座を維持する理由がなくなったので、しばらくしたら解約するつもりでした。

しかし、今月17日に行われるゆうちょ銀行の一部商品・サービスの料金の新設・改定の中には、口座を持っていると料金がかからなくなるものがあるので、解約はやめることにしました。

スポンサーリンク

商品・サービスの料金の新設・改定の内容

2022年1月17日(月)にゆうちょ銀行の一部商品・サービスの料金が新設・改定されます。

払込みサービスを現金で利用する場合の料金加算(新設)

窓口やATMで各種払込み(通常払込み、電信払込み、ゆうちょPay-easy)をすると、現金で支払う場合には1件ごとに払込人負担の料金110円(税込)が加算されます。

通常払込みやゆうちょPay-easyでは、通帳またはキャッシュカードを利用して口座から支払えば110円は加算されません

例えば、青色の払込取扱票を使って現金で払込みする場合、払込料金は従来の料金に加算分の110円を加えた金額を払込人が負担することになります。

また、赤色の払込取扱票を使って現金で払込みする場合、払込料金は受取人負担なのにもかかわらず、加算分の110円については払込人が支払うことになります。

窓口での硬貨取扱料金(新設)

窓口で預け入れや払込みなどを利用する際、硬貨を使うと料金がかかるようになります。

硬貨の枚数料金(税込)
1~50枚無料
51~100枚550円
101~500枚825円
501~1,000枚1,100円

以降500枚ごとに550円加算

三大メガバングでは同様の手数料を既に導入していますが、無料になる上限枚数はゆうちょ銀行が一番少なくなっています(三井住友銀行:300枚、三菱UFJ銀行:100枚、みずほ銀行:100枚)。

ATM硬貨預払料金(新設)

ATMで貯金の預け入れ・払戻しをする際、硬貨を伴うと料金がかかるようになります。50枚までなら窓口で手続きをすれば無料です。

預け入れ
(硬貨の枚数)
料金
(税込)
1~25枚110円
26~50枚220円
51~100枚330円

※1回の預け入れでATMに投入できる硬貨は100枚まで

払い戻し
(硬貨の枚数)
料金
(税込)
1枚以上110円

また、 ATMで硬貨を伴う貯金の預け入れ・払戻しが可能な時間帯が変更されて、平日7時から18時のみになります。

なお、駅・ショッピングセンター・ファミリーマートなどに設置されているゆうちょATMでは硬貨を取り扱っていません

ATM利用料金(新設)

駅・ショッピングセンター・ファミリーマートなどに設置されているゆうちょATMでは、休日や夜間の預け入れ・払い戻しにATM利用料金(税込110円)がかかるようになります。引き続き無料な時間帯は、平日の8時45分~18時と土曜日の9時~14時です。

郵便局・ゆうちょ銀行に設置されているATMでは、これまでどおりATM利用料金はかかりません

上記以外に料金が新設される既存サービス

上記以外に、以下の各種既存サービスについて、料金が新設される予定です。

  • 窓口での金種指定
  • 普通為替の再交付
  • 定額小為替の再交付
  • 振替払出証書の再交付
  • 振替MTサービスに係るDVDの郵送・直接交付扱い
  • 投資信託残高証明書の発行
  • 無通帳型総合口座から有通帳口座への切り替え

料金が改定される既存サービス

以下の各種既存サービスについて、料金が改定(値上げ)される予定です。

  • 貯金残高証明書の発行
  • 貯金の入出金照会
  • 普通為替の発行
  • 定額小為替の発行
  • 通常現金払(予約発行)
  • 簡易払(配当金領収証)
  • 小切手帳の交付
  • 振替口座に係る受払通知票等の再交付
  • 振替口座残高証明書の発行
  • 振替口座の受払照会
  • 払込専用カードの発行
  • 払込書印字サービス
  • 国債等振替口座記載事項証明書の発行
  • ローソン銀行ATM・イーネットATMでの預け入れ・払い戻し

これまでに利用したことのあるサービスについて見てみると、相続税申告の際に必要な貯金残高証明書は、発行手数料が520円から1,100円へ約2倍に値上げされます。

戸籍などを郵送請求する際に必要な定額小為替も、発行手数料が100円から倍の200円へ値上げされます。

Jiji
Jiji

父の相続手続きでは、どの銀行も残高証明書の発行手数料は500~600円だったのだ。1,100円は高過ぎる!

解約をやめた理由

同窓会費の振込などでは、ゆうちょの払込みサービスを利用せざるを得ない場合があります。これまでは赤色の払込取扱票なら、現金で払込みをしても振込料金を払う必要はありませんでした。

しかし、今後は、ゆうちょ口座を持っていなければ、現金で払込みするしかないので、その都度、加算分の110円を負担しければならなくなります。

という、ささやかな理由で口座解約をやめることにしました。

Jiji
Jiji

たかが110円、されど110円なのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました