実家のWiMAXを解約しました

この記事は約3分で読めます。
ホームルーター
ファーウェイ L02

2019年12月にWiMAXを導入して実家にネット環境を構築しましたが、今後は長期滞在の機会が減りそうなので、今月(2022年1月)で解約しました。

スポンサーリンク

どうするWiMAX

父の介護が始まった2019年3月以降、帰省時に2週間程度連続で実家に滞在するようになりました。実家にネット環境がなくて不便だったので、2019年12月にBroard WiMAXと契約しました。

その後、父が亡くなって、実家の片付けも去年秋には一段落しました。まだ片付けは残っていますが、今後は長期滞在の機会が減りそうなので、ネット環境の必要性が低くなってきました。

契約解除料、キャンペーン違約金、5G対応のことなどを検討した上で、いったん解約することに決めました。

契約解除料

契約内容が3年契約のプランだったので、更新月(2022年12月)まで待たないと契約解除料が発生する状況でした。

契約解除時期契約解除料(税抜)
0~12か月19,000円
13~24か月14,000円
25~36か月9,500円
更新月(37か月目)0円

とはいえ、通信料の月額基本料金が4,011円(税抜)なので、1年間使うと約5万円かかることを思えば、契約解除料を払ってでも解約する方がお得です。

キャンペーン違約金

契約時にWEB割キャンペーンを利用したので、24か月以内に解約すると、契約解除料に加えてキャンペーン違約金9,500円(税抜)も必要でした。これが気になって2021年12月までは解約しにくい状況でした。

ホームルーターはどこでも使える

Broad WiMAXのホームルーターは使用場所を限定されないので、自宅に持ち帰って使うという選択肢もありました。

しかし、自宅ではケーブルテレビ会社が提供しているネットサービスを利用していて、両方とも利用するのは流石にお金の無駄と言えます。

通信速度の最大値(下り)を比べると、ホームルーターが867Mbps、ケーブルネットが160Mbpsでホームルーターの方が断然速そうでしたが、自宅で実際に使ってみたら、どちらも数10Mbpsで大差ありませんでした。

5G対応プランへの乗り換え勧誘

最近、Broad WiMAXから5G対応プランへの乗り換え案内メールが頻繁に届いています。

通信速度が速くなるなら検討の余地ありですが、調べてみると、そもそも自宅は5Gのサービスエリア外でした。

解約の手続き

Broad WiMAXの解約の申請は、電話のみ(サポートセンター解約専用ダイヤル)で受け付けています。

Jiji
Jiji

契約解除料が免除されるサービス加入をいくつか提案されたが、丁寧にお断りしたのだ。

解約月の通信料は日割りでなく満額支払いです。

解約申請後も、解約月の月末まではネットサービスを利用できます。

また、ルーターは解約後に返却しなくても構いません(「初期契約解除制度」や「いつでも解約サポート制度」を利用する場合は要返却)。ゴミにはなりますが、返送の手間はかかりません。

解約月に注意

25日までに申請すれば、その月が解約月になります。

26日以降に申請すると解約月は翌月になります。翌月分の通信料が余計にかかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました