NifMoからy.u mobileへ格安SIM乗り換え

この記事は約7分で読めます。

2020年暮れから携帯大手各社が携帯料金を大幅に値下げした結果、格安SIMとの料金差が縮まって、格安SIMの中にも値下げするところが出てきました。

2015年からNifMoを長い間利用してきましたが、料金据え置きのままで割高感が募ってきたので、y.u mobileに乗り換えました。

この記事の内容は、2022年1月26日現在の情報に基づいています。料金はいずれも税込です。

スポンサーリンク

新たな格安SIM選び

自分のスマホの利用状況を踏まえて、料金の割高感解消を主な目的として乗り換え先を探しました。

スマホ本体は約1年前に機種変更したばかりなので、今回は買い替えません。

スマホの利用状況

NifMoとの契約は、音声通話SIMの3GBプラン(月額基本料金1,760円)。これに10分かけ放題オプションを付けていました(月額913円)。

自宅ではWiFiに接続しているので、データ使用量は月1~2GBといったところ。多少余裕をみて3GBプランがちょうどいいデータ容量でした。

乗り換え先を選ぶ

今回の乗り換えは、料金の割高感解消が主な目的です。

ウェブで格安SIM各社の料金プランを調べてみると、データ容量3~5GBで月額基本料金が1,000円前後のところが何社か見つかりました。その中から、y.u mobile(ワイユーモバイル)を選びました。

決め手になったのは次の2点です。

  • 余ったデータの永久繰り越し
  • 追加データの料金

ほとんどの格安SIMでは、使い切れず余ったデータの繰り越しは翌月までです。y.u mobileでは、ずっと繰り越されるので無駄がありません。上限(100GB)はありますが、普通に使っていれば届くことはないでしょう。

一方、容量を使い切った時の追加データ料金は1GBにつき330円です。10GBまとめてなら1,200円の格安料金です。

料金プランを選ぶ

y.u mobileの音声通話SIMの料金プランは次の3つです。

プランデータ容量月額基本料
シングル5GB1,070円
シングル U-NEXT10GB1,970円
シェア U-NEXT20GB4,170円(2人分)

迷わず5GBのシングルプラン一択でした。

データ容量の選択肢が少ないのは不便に感じられるかもしれませんが、永久繰り越しと追加データ料金の安さである程度カバーできると思います。

シングル U-NEXT、シェア U-NEXT

動画配信サービスU-NEXTの月額プラン(2,189円)が特典として含まれています。U-NEXTを利用する人にとっては非常にお得なプランです。

乗り換え前後のサービス内容比較

NifMo(3GBプラン)とy.u mobile(シングルプラン)のサービス内容を表にしました。

NifMo
3GBプラン
y.u mobile
シングルプラン
利用回線ドコモドコモ
月額基本料金1,760円1,070円
支払い方法クレジットカードクレジットカード
データ容量3GB5GB
速度制限時の通信速度最大200kbps最大128kbps
データ繰り越し翌月まで永久繰り越し
(上限100GB)
追加データ料金0.5GB 385円
1GB 550円
1GB 330円
10GB 1,200円
国内通話料30秒 22円
専用アプリで半額
30秒 22円
専用アプリで半額
かけ放題オプション10分 月913円10分 月550円
無制限 月1,400円
5G非対応非対応

これを見れば、どちらがいいか一目瞭然です。

実は、y.u mobileは去年後半に各種料金を値下げしたので、少し前まで料金の差はそれほど大きくありませんでした。

乗り換えにかかる費用

どの格安SIMでも乗り換えにかかる費用に大きな差はないと思います。

NifMo解約にかかる費用

NifMoを解約する際に解約金はかかりません。

同じ電話番号を使い続けるには、MNP転出(MNP予約番号発行)の手続きが必要になります。以前はMNP予約番号発行手数料がかかりましたが、現在はかかりません。

解約完了後のSIMカード返却にかかる送料は利用者負担です。

なお、解約月の月額基本料金は、日割りではなく全額払いです。

NifMoの解約日

MNP転出する場合、転出先でのSIM開通をNifMoが確認した日が解約日になります。

MNP転出しない場合、解約を申し込んだ日から10日後が解約日になります。

下旬に解約を申し込むと解約日が月をまたいでしまう場合があり、翌月の料金が余計にかかってきます。申込みの時期には注意が必要です。

y.u mobile契約時の初期費用

y.u mobileとの新規契約には、次の初期費用がかかります。

  • 登録事務手数料 3,300円
  • SIM発行手数料 440円

エントリーパッケージ(有料)を利用すると、登録事務手数料が無料になります。エントリーパッケージは、楽天市場やYahoo!ショッピングなどで1,000円以下で購入できます。

新規契約の申込みはヤマダデンキの店頭でも受け付けています。店舗までの交通費はかかりますが、SIMの即日開通が可能です。

乗り換え手続きの経過

y.u mobileの契約申込みにはエントリーパッケージを利用しました。

1月20日(木)に手続きを開始して、26日(水)にy.u mobileを利用できるようになりました。

事前の確認事項

スマホがy.u mobileに対応しているか、公式ウェブサイトで確認できます。AndroidのSIMフリースマホは全機種が対応していました。

MNP転出する場合は、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っていないとy.u mobileに申込むことができません。MNP予約番号の有効期限は取得日を含めて15日間なので、予約番号を取得したら早めに申し込みましょう。

手続きの経過

NifMoではサービスの「解約」を「解除」と呼んでいます。

手続きの経過
  • 20日(木)
    ウェブ(マイページ)からNifMoの解除を申込む

    MNP転出するので、MNP予約番号の発行手続きをしました。手続き完了後、NifMoからMNP転出受付の通知メールが届きました。

  • 21日(金)
    MNP予約番号の通知メールが届く

    MNP予約番号と有効期限(2月4日)が記載されたメールが届きました。

  • 22日(土)
    楽天市場でy.u mobileのエントリーパッケージを購入

    MNP予約番号発行と同時進行で購入すれば、手続きを効率的に進められます。

  • 24日(火)
    エントリーパッケージが届く
  • 24日(月)
    専用ページでからy.u mobileに申込む

    専用ページのURLはエントリーパッケージに記載されています。他のURLから申し込むと特典は適用されません

  • 26日(水)
    SIMカードが届く

    SIMカードと台紙、初期設定マニュアル、SIMピンのセットがゆうパックで届きました。

  • 26日(水)
    専用ページでMNP開通手続きをする

    専用ページのURLは初期設定マニュアルに記載されています。

  • 26日(水)
    y.u mobileからMNP開通処理の完了通知メールが届く

    手続き後、約1時間で届きました。

  • 26日(水)
    スマホのSIMカードを入れ替える
  • 26日(水)
    ANP(アクセスポイント名)を設定する

    設定手順は、初期設定マニュアルに記載されています。

  • 27日(木)
    NifMoから解除通知メールが届く

    解除日(1月26日)などサービス解除の内容が記載されていました。

  • 27日(木)
    SIMカードを返送する

    SIMカードを封筒に入れて、NifMoのSIMカード返却センター宛てに投函しました。

@niftyの契約(有料)は継続していることに注意

@niftyの接続サービス(@nifty光、@nifty with ドコモ光、@nifty au、NifMo、ケーブル@nifty)の利用者は、@niftyのメールサービスを申込むと、本来は有料のメールサービスを追加料金なしで利用できる特典があります。

厄介なのは、接続サービスを解約しただけでは、メールサービスの契約は継続されるので、@nifty基本料金(月275円)が発生することです。

@niftyの解約手続きをしないと、メールサービスを利用する・しないに関係なく毎月275円を払い続けることになるので要注意です。

Jiji
Jiji

Jijiは@niftyメールを今後も使いたいので、@niftyを解約しないのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました