【王将戦】藤井聡太四冠がタイトルを奪取して、史上最年少で五冠達成!

この記事は約2分で読めます。

2月11日(金)から12日(土)にかけて将棋の第71期ALSOK杯王将戦(七番勝負)第4局が行われて、挑戦者の藤井聡太ふじい そうた四冠(竜王、王位、叡王、棋聖)が渡辺明わたなべ あきら三冠(名人、棋王、王将)を破って、4連勝で王将のタイトルを奪取。19歳6ヵ月で五冠を達成して最年少記録を更新しました。おめでとうございます。

対局日対局場手数勝者
第1局1月9日(日)
1月10日(月)
掛川城 二の丸茶屋
(静岡県掛川市)
139藤井(先手)
第2局1月22日(土)
1月23日(日)
山水館
(大阪府高槻市)
98藤井(後手)
第3局1月29日(土)
1月30日(日)
ホテル花月
(栃木県大田原市)
135藤井(先手)
第4局2月11日(金)
2月12日(土)
SORANO HOTEL
(東京都立川市)
114藤井(後手)

藤井五冠(竜王、王位、叡王、王将、棋聖)は、登場したタイトル戦は奪取・防衛を繰り返して、保有タイトル数を順調に増やしてきました。現在の成績を見ていると、今後も順調にタイトルを増やしていきそうな勢いがあります。こうなってくると、タイトル戦で藤井五冠に待ったをかけるのはどの棋士かに注目が集まりそうです。

一方、渡辺二冠(名人、棋王)は、永瀬拓也ながせ たくや王座と第47期棋王戦(五番勝負)を戦っている最中で、3月中に結果が出ます。さらに、4月からは斎藤慎太郎さいとう しんたろう八段を挑戦者にむかえて第80期名人戦(七番勝負)が始まります。渡辺二冠にとっては正念場ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました