【棋王戦】渡辺明二冠が防衛して10連覇達成!

この記事は約1分で読めます。

3月20日(日)に将棋の第47期棋王戦コナミグループ杯(五番勝負)第4局が行われ、渡辺明わたなべ あきら二冠(名人、棋王)が挑戦者の永瀬拓矢ながせ たくや王座を破り、通算3勝1敗で棋王のタイトルを防衛しました。おめでとうございます。

対局日対局場手数勝者
第1局2月6日(日)焼津グランドホテル
(静岡県焼津市)
140渡辺(後手)
第2局2月19日(土)北國新聞会館
(石川県金沢市)
103渡辺(先手)
第3局3月6日(日)新潟グランドホテル
(新潟県新潟市)
87永瀬(先手)
第4局3月20日(日)日光東照宮
(栃木県日光市)
115渡辺(先手)

渡辺二冠は棋王戦10連覇を達成して、タイトルの通算獲得回数も30になりました。また、来月から第80期名人戦(七番勝負)が始まり、挑戦者に前回と同じ斎藤慎太郎さいとう しんたろう八段をむかえて戦います。

その他の棋戦では、両者とも棋聖戦の決勝トーナメントを戦っている最中です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました