【叡王戦】藤井聡太五冠がタイトル防衛!

この記事は約2分で読めます。

5月24日(火)に将棋の第7期叡王戦(五番勝負)第3局が行われて、藤井聡太ふじい そうた五冠(竜王、王位、叡王、王将、棋聖)が挑戦者の出口若武でぐち わかむ六段を破って、3連勝で叡王のタイトルを防衛しました。おめでとうございます。

対局日対局場手数勝者
第1局4月28日(木)江戸総鎮守 神田明神
(東京都千代田区)
93藤井(先手)
第2局5月15日(日)名古屋東急ホテル
(愛知県名古屋市)
74藤井(後手)
第3局5月24日(火)柏の葉カンファレンスセンター
(三井ガーデンホテル柏の葉2階)
(千葉県柏市)
109藤井(先手)

叡王戦は、これまで毎回タイトルホルダーが交代していましたが、藤井五冠が初めて防衛に成功しました。

藤井五冠は、6月3日(金)から棋聖戦が始まります。挑戦者は永瀬拓矢ながせ たくや王座です。

さらに、6月28日(火)・29日(水)からは王位戦も始まり、ダブルのタイトル戦になります。挑戦者決定戦は、紅組リーグ優勝の豊島将之とよしま まさゆき九段と白組リーグ優勝の池永天志いけなが たかし五段の対局が5月31日(火)に行われます。

出口六段は、タイトル戦初登場で不慣れな点もあったのではないかと思います。今年度のうちに別のタイトル戦に登場できると今回の経験が活きるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました