【名人戦】渡辺明二冠がタイトル防衛!

この記事は約2分で読めます。

5月28日(土)から29日(日)にかけて将棋の第80期名人戦(七番勝負)第5局が行われて、渡辺明わたなべ あきら二冠(名人、棋王)が挑戦者の斎藤慎太郎さいとう しんたろう八段を破って、通算4勝1敗で名人のタイトルを防衛しました。おめでとうございます。

対局日対局場手数勝者
第1局4月6日(水)
4月7日(木)
ホテル椿山荘東京
(東京都文京区)
107渡辺(先手)
第2局4月19日(火)
4月20日(水)
金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭
(石川県金沢市)
132渡辺(後手)
第3局5月7日(土)
5月8日(日)
アゴ-ラ福岡山の上ホテル&スパ
(福岡県福岡市)
134斎藤(後手)
第4局5月19日(木)
5月20日(金)
名勝 山水園
(山口県山口市)
100渡辺(後手)
第5局5月28日(土)
5月29日(日)
倉敷市芸文館
(岡山県倉敷市)
97渡辺(先手)

渡辺二冠は、棋王の防衛に続いて名人の防衛にも成功しました。他の棋戦では、王座戦の挑戦者決定トーナメントに残っていて、あと3勝すけば挑戦権獲得です。

斎藤八段は、A級に昇級した第79期から連続で挑戦者になったものの、名人のタイトルを奪うことはできませんでした。

第81期名人戦は、A級に昇級した藤井聡太ふじい そうた五冠(竜王、王位、叡王、王将、棋聖)が挑戦者の本命と目されています。しかし、A級には錚々たる棋士が揃っているので、熾烈な挑戦者争いが見られそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました