【女流王位戦】里見香奈女流四冠がタイトル防衛!

この記事は約2分で読めます。

6月7日(火)に将棋の第33期女流王位戦(五番勝負)第4局で里見香奈さとみ かな女流四冠(女流王座、女流王位、女流王将、倉敷藤花)が挑戦者の西山朋佳にしやま ともか女流二冠(白玲、女王)に勝って、通算3勝1敗でタイトルを防衛しました。おめでとうございます。

対局日対局場手数勝者
第1局4月26日(火)夢乃井(兵庫県姫路市)239西山(先手)
第2局5月11日(水)京王プラザホテル札幌
(北海道札幌市)
161里見(先手)
第3局5月25日(水)旧伊藤伝右衛門邸
(福岡県飯塚市)
70里見(後手)
第4局6月7日(火)JRホテルクレメント徳島
(徳島県徳島市)
89里見(先手)

両者はマイナビ女子オープン五番勝負を戦っている最中です。現在は第4局まで進んで2勝2敗の五分で、6月13日(月)に行われる第5局で決着がつきます。タイトルホルダーの西山女流二冠が勝てば女王5連覇、挑戦者の里見女流四冠が勝てば女流五冠になります。

さらに、里見女流四冠は、清麗戦の本戦を勝ち上がって挑戦者になったので、7月8日(金)から加藤桃子かとう ももこ清麗との五番勝負が始まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました