家計

税金、保険料、賃金、給付金など家計に関すること

家計

令和3年分の所得税の確定申告(還付申告)

令和3年(2021年)は、個人年金の受給が始まり、所得税が源泉徴収されています。所得税の還付を受けるため、還付申告を行いました。
2022.03.24
家計

各都道府県の最低賃金ランキング(2021年度)

2021年度の地域別最低賃金のランキングを書き留めておきました。
家計

2021年度の保険料は支払い総額23万円

2021年度の保険料総額は約23万円になる見込みです。前年度と比べると、国民年金保険料が大幅に減り、個人年金保険の保険料支払いもなくなりました。
スポンサーリンク
家計

2021年度の税金の支払い総額は約12万円

2021年度の税金の支払い総額は約12万円です。内訳は、所得税・住民税はなし、固定資産税・都市計画税が12万円弱です。
2021.12.16
家計

令和2年分の所得税の確定申告(還付申告)

令和2年(2020年)は、投資信託解約による所得があり、所得税が源泉徴収されています。所得税の還付を受けるため、還付申告を行いました。
2021.03.29
家計

郵政民営化前の定額郵便貯金などの払戻しには期限あり

既に亡くなっている祖母名義の定額貯金と定期預金の証書が何枚か見つかりました。郵便局で調べてもらったら、平成2年(1990年)に預けた定額貯金(元金50万円)は期限切れで払戻しできませんでした。
家計

グローバル・フィンテック株式ファンドの運用結果

9月1日にグローバル・フィンテック株式ファンドを購入して、10月28日に解約しました。利益はほとんどありませんでした。
家計

各都道府県の最低賃金ランキング(2020年度)

2020年度の地域別最低賃金のランキングを書き留めておきました。
家計

60歳からの家計の収支バランス

老後の家計は大丈夫なのか、誰もが気になるところです。60歳からの家計について、収入は公的年金だけと仮定して、収入(公的年金)と支出(生活費)のバランスがどのようになるか大まかに計算してみました。
家計

2020年度の保険料は支払い総額49万円!

2020年度の保険料総額は約49万円になりました。内訳は、国民健康保険が約16万円、国民年金が約19万円、個人年金保険が12万円、地震保険が約1万5千円です。前年度と比べると、国民健康保険料が激減しました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました