防災

暮らし

【東京】猛暑日増加で、これまで以上に熱中症の予防対策が必要

東京では猛暑日が増加傾向で、これまで以上に適切な熱中症予防対策が必要です。試行発表中の熱中症警戒アラートは熱中症の危険性が極めて高くなる場合に発表されますが、発表されていなくても暑さ指数31~32が予想されている場合には予防対策が必要です。
2021.01.07
国内ニュース

洪水被害に備えてハザードマップを活用しよう

先月の台風19号の洪水による浸水被害は広範囲に及びましたが、浸水した地域の多くが洪水ハザードマップの浸水想定エリア内だったそうです。洪水ハザードマップの浸水想定エリアに含まれている場合、そこは浸水することを前提として備えるべきです。
国内ニュース

台風19号に対する江戸川区の対応

江戸川区が発行している「広報えどがわ 」11月10日号( No.1930)に特集記事「巨大台風はまたすぐやってくる可能性があります!台風19号から見えること」が載っていました。この広報紙の記事では対応の経過とその根拠も示されています。
国内ニュース

防災情報の警戒レベルについて再確認

気象庁や自治体からさまざまな防災情報が発表されますが、どの防災情報がより深刻な情報なのか住民に伝わりにくいという指摘が以前からありました。今年から5段階の警戒レベルを設け、それぞれの防災情報がどの警戒レベルに相当するかを示すようになりました。
国内ニュース

台風19号の大雨による荒川の増水

10月12日に伊豆半島に上陸した台風19号は、東日本や東北地方に記録的な大雨をもたらし、13都県で大雨特別警報が発表されました。各地で河川が増水し、堤防決壊や河川氾濫が発生しています。江東区と江戸川区の境を流れる荒川も水位がかなり上昇しました。
2019.10.15
国内ニュース

台風19号に関する総理指示はもっと早く出すべきでしょ!

先手先手の対策を講じると言いながら、被害の実態が目に見えるまでは動き出さない印象が強い首相官邸。今回の台風19号でも相変わらずでした。
国内ニュース

台風19号:狩野川台風に匹敵する大雨のおそれ

台風19号について、気象庁が今日11時から記者会見を行いました。静岡県や関東地方では1958年の狩野川(かのがわ)台風に匹敵する大雨となるおそれがあり、大雨特別警報を発表する可能性に言及しました。
2021.03.01
国内ニュース

次の週末に台風19号が接近・上陸のおそれ

次の週末に台風19号が日本に接近・上陸するおそれがあります。現在の気象庁の予報では、関東地方を直撃する可能性が高いです。先月千葉県に上陸した台風15号の記憶が新しく、暴風に関心が集中していますが、大雨や高潮・高波にも厳重な警戒が必要です。
国内ニュース

台風15号への政府の対応

9月17日の定例記者会見で、菅官房長官は台風15号への対応に関する記者の質問に対し「今回の災害の対策は迅速、適切に行われた」と答えました。経済産業省の停電被害対策本部が設置されたのは9月13日で、台風が上陸してから4日も経っていました。
2020.02.12
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました