年金

家計

2021年度の保険料は支払い総額23万円

2021年度の保険料総額は約23万円になる見込みです。前年度と比べると、国民年金保険料が大幅に減り、個人年金保険の保険料支払いもなくなりました。
暮らし

親が亡くなった後に必要な公的年金関連の手続き

親が亡くなった後に必要になる公的年金関連の手続きには、年金受給者だった場合の諸手続きや遺族年金の請求手続きがあります。
家計

60歳からの家計の収支バランス

老後の家計は大丈夫なのか、誰もが気になるところです。60歳からの家計について、収入は公的年金だけと仮定して、収入(公的年金)と支出(生活費)のバランスがどのようになるか大まかに計算してみました。
家計

2020年度の保険料は支払い総額49万円!

2020年度の保険料総額は約49万円になりました。内訳は、国民健康保険が約16万円、国民年金が約19万円、個人年金保険が12万円、地震保険が約1万5千円です。前年度と比べると、国民健康保険料が激減しました。
決済手段

印鑑レス口座では国民年金保険料の口座振替ができなかった件

銀行口座の開設時に印鑑の登録が要らない印鑑レス口座を導入する銀行が増えてきました。印鑑を登録した口座と印鑑レス口座の扱いは同じだと思い込んでいましたが、先日、印鑑レス口座ではできないことに出くわしました。
家計

2019年度の保険料は支払い総額100万円超え!

2019年度の保険料総額は約126万円になりました。内訳は、国民健康保険が約94万円、国民年金が約19万円、個人年金保険が12万円、地震保険が約1万5千円です。
2019.09.21
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました